スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

ヒュードロドロ

どうも!Aiです!夏なので怖い話をしたいと思います。
小学4年生の夏、いつかの金曜日夜中2時頃の体験です


仰向けで寝てる状態から金縛りで目が覚めて、何らかの力によって上半身だけ起こされる

目の前にはよくあるフランス人形のような人形が宙を漂っていて、「綺麗なお姉さんに呪われるよ」と歌に乗せて手を合わせてくる

その瞬間、上半身が寝かされ目蓋が閉じられて緑色の沼から無数の手が出てくる映像を見た後、体が動くようになる

パニックで心臓バクバクさせながらお母さんの寝室へと走る。アハハアハハと笑いながらついてくる人形。

お母さんの寝床にダイブして「ちょっとオバケいるんだって本当に!聞いて!起きて!」

お母さん「わかったから・・うん・・あんたいい加減にしなさい!あんまりうるさいとここから出て行ってもらうよ」

涙を流しながら黙る。でも怖いから布団かぶってお母さんに引っ付く

布団の隙間から外を見てみると人形がふわふわ漂ってる

目が潰れそうなくらい目瞑る。そうしないと怖い映像が浮かんでくるほど恐怖を感じてた
怖さを紛らわそうとしたのか当時の私は頭の中でカービィのアニメのOPを幽霊なんて怖くない歌詞verにアレンジして歌ってた

幽霊に実体なんてないはずなのに布団の上を歩くような感覚がくる

へたくそなリコーダーの音聞こえる

朝6時になる

布団から外のぞく

綺麗なお姉さん立ってる

お母さん起きる



という感じの恐怖体験でした。一番の恐怖はこの怖さを家族がわかってくれないことでした。

こんな体験した後は当たり前に電気つけないと眠れないわけで。
学校のトイレにも一人で行けないわけで。そのせいで膀胱炎になってしまったわけで。
そんなこんなでこのトラウマを高1までずるずると引きずってきました。


この体験したのは前住んでたマンションで今は叔父夫婦が住んでるんですが、今でもでるそうです。あぁ怖い
でもいるって思ってたら本当に見えてしまうのでいないと思うようにしてます。オバケなんていないです。いないですそんなもの。


どうしようこんな話したら自分が寝れないじゃないか・・丁度2時だし・・おやすみなさい・・

スポンサーサイト

Trackback [0] | Comment [1] | Category [未分類] | 2011.06.21(Tue) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


No title

かわいいwww

2011.06.21(Tue) 11:17 | [URL] | 編集 | ▲PageTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。